松阪崇久 foRest ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS ボロフェスタ2009@KBSホール

<<   作成日時 : 2009/10/20 01:11   >>

トラックバック 0 / コメント 0

今年もボロフェスタに行って来た(最後の一日だけだけど)。ウリチパン郡、トクマルシューゴ、ゆーきゃん、双葉双一、Discharming Man、オオクボ−T、ロボピッチャー、your song is good、COMEBACK MY DAUGHTERS、TURTLE ISLAND、オリジナル・ウルトラビデ・・・と盛りだくさん。今年も良質な音がたくさん、ボロフェスタ最高♪

なにから書こうか迷ってしまうけど、まずとっても楽しみにしてた「ウリチパン郡」。生で聴いて、人を感じてこれたのがともかく嬉しかった。いいバンド。なるほどライブだとこうなるのか。ライブ・バージョンだと「テルマ」がとくに素晴らしかった。無茶苦茶いい曲だな、これは。千住宗臣さんのドラムもすごい。ウリチパン郡、12月に名古屋に来るそうだ。ASIAN KUNG-FU GENERATIONのツアーにゲスト出演するらしい。

それから「ゆーきゃん×須原敬三」。いやぁ、今回もまた気持ちよかった。ゆーきゃんの声は「天使の歌声」とも言われたりしているけど、ほんとに楽にすーっと伸びる細い美しい声にはほれぼれする。今回はベースの須原敬三さんとのデュオ。演奏でもMCでもとてもいい感じのサポート。素晴らしい時間だった。(また詳しく書きますが、来月、ゆーきゃんを呼んで名古屋(鶴舞)KDハポンでイベントします!乞うご期待です♪)

そして「双葉双一」。妖しい魅力ほとばしりまくり。名曲「タワーホテル」、歌詞にドキッとさせられる「岬の上」など、インパクトのある曲がずらっと並ぶ。でも、かなり可笑しくもあった。「ママレードパイのかわいい食事」ってかなりユーモラスだなぁと思っていたら、最後に衝撃的な一曲「ピクニック」。なんだこれは!?こんな曲もやるのか?愛と平和とギャグ精神。なかなかにおバカな曲なのに、おまけに双葉双一なのだ。この曲の音源は出されておらず、ライブでしか聴けない仕組みになっているらしい。12月にKDハポンに来るけれど、またやってくれるかな。

可笑しかったというと「オオクボ−T」。まったくノーチェックだったのだけど、めちゃくちゃ面白かった。一人芝居とギターソロと叫び声と、あとなんかよくわからないいろいろ。僕も曲がりなりにも笑いの専門家としてこれまで笑うのを専門にやってきたけれど、なんだかよくわからないのにこんなに笑ったのは久しぶりだ。笑撃。

それから、いろんな所で名前を聞いててとても気になってた「トクマルシューゴ」。曲がおもしろい。演奏もすごくうまい。しかも美男+美女みたいな。しかし、なんだか無機質な演奏ではあった。本人らとしてもうまく乗れなかったのかもしれない。

もうひとつ特記すべきは「Discharming Man」。無茶苦茶カッコ良かった。と言っても実は音源試聴した時には別に何とも思わなかったし、ライブの初めの方もちょっと単調な感じでうまく入りこめなかったのだけど、途中からじわじわ来た。後半はメロメロ。こういうことって結構ある。良さがすぐにわかるものと、時間をかけてじわじわ入ってくるもの。そして、ライブを聴かないとわからないものっていうのもある。素晴らしいバンドだと思う。Discharming Manは来年3月に名古屋に来るらしい(★訂正:3月名古屋って言うのは一年前の情報だったみたい・・・)。

他のバンドもかっこよかった。ロボピッチャーもなんか悲しげなことを言ってたけど、演奏は素晴らしかった。your song is goodもいい演奏をしていた。ボロフェスタ、ライブだけじゃなくて古本市なんていうのもあって、本も買ってしまった。あと、会場で名古屋のHADAさんと会ったりしてビックリした。いろいろ楽しい一日でした。また来年!

まつさか

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ボロフェスタ2009@KBSホール 松阪崇久 foRest ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる