松阪崇久 foRest ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS アニメ『桃太郎・海の神兵』(1944)

<<   作成日時 : 2012/11/05 20:24   >>

トラックバック 0 / コメント 0

これ、気になっていたやつ。こんなものが見られるようになっているとは・・。日本初の長編アニメ『桃太郎の海鷺』に続く海軍省のアニメ『桃太郎・海の神兵(1944)』。クオリティの高さに驚いてしまう。戦意高揚の国策アニメながら、一部に戦争の悲しさを感じる場面もある。
http://www.youtube.com/watch?v=suRt7Dtdsmg

南国の前線基地ではテナガザルやテングザルも出てくる。かわいい動物たちを登場させて戦争への恐怖心をやわらげようとしているようだが、キャラクタに比べて戦闘機や銃、旭日旗が妙にリアルに描かれていてゾッとする。

南国の動物たちに歌で日本語を教える場面がある。植民地の住民が動物になっていて笑いの対象にもなっているわけだけど、作品中で楽しい場面の一つ。桃太郎以外の「味方」は基本的に動物として描かれていて、敵は人間(白人) 。
http://www.youtube.com/watch?v=nzzctRDcfXE

こんな場面もある。白人に侵略された南の国の古くからの言い伝えに「月明あかるき夜、東方天子の国より白馬にまたがりたる神の兵来たりて必ずや民族を解放せん」とあると。八紘一宇。南の国から見たら日本は「北方」だと思うけど・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
アニメ『桃太郎・海の神兵』(1944) 松阪崇久 foRest ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる