松阪崇久 foRest ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS ヒョウがチンパンジーを食べる、東アフリカでも

<<   作成日時 : 2013/06/02 19:39   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ヒョウがチンパンジーを食べた証拠がマハレ(タンザニア)で見つかりました。

東アフリカのチンパンジーがヒョウに食べられている最初の証拠を発見

京都大学野生動物研究センターの仲澤伸子さん、中村美知夫さんらの研究です。チンパンジーはそこそこ体格が大きいのでヒョウに襲われることはあまり無いだろうと思っていたのですが、子供ではなく大人の雌チンパンジーがやられたようだという報告。

論文はこちら→A leopard ate a chimpanzee: First evidence from East Africa

チンパンジーを襲って食べたのではなく、ヒョウが死体を見つけて食べた(scavenging)可能性もありますが、大人のチンパンジーが狩られたのだとしたら驚きです。チンパンジーの怪我についてのこれまでの観察データも見直す必要が出てくるかもしれません。

M群のチンパンジーの遊動域内で見つかったヒョウの糞にチンパンジーの骨が入っていたのですが、DNAの解析によりM群のチンパンジーの骨では無さそうだということがわかっています。おそらく隣の群れのチンパンジーを食べて、M群の遊動域内で糞をしたのだろうと。「食べられたのは自分が知っているチンパンジーではない」と言われるとホッとしてしまいますが・・。

松阪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ヒョウがチンパンジーを食べる、東アフリカでも 松阪崇久 foRest ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる