松阪崇久 foRest ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本郷土玩具館(倉敷)

<<   作成日時 : 2014/03/07 23:33   >>

トラックバック 1 / コメント 0

倉敷の日本郷土玩具館に行きました。日本各地の人形やお面、羽子板、凧などのおもちゃを多数集めた資料館。解説はほとんどなく、古いものがただひたすら並べられているという感じなんですが、おもしろい物もいろいろあって楽しめました。

人形がとくに充実しているんですが、おもしろい凧も多数。ムカデ凧という連凧や「目まわし凧」に、鳥や昆虫の形の凧もいろいろ(蜂凧、あぶ凧、蝶々、カラス凧、トンビ凧、京鶴凧)。高松の凧には「蝉イカ」「猩々イカ」という名がつけられていましたが、昔は凧のことをタコではなく「イカ」と呼んだらしい。

猿の置物もいくつかありました。舌出し三番叟(長崎・平戸)、木の葉猿(熊本、宇宙的彩色!)、柿乗り猿(浜松)、のぼり猿、鶏抱き猿(長崎・古賀土人形)など。動物関係では他に「鳩笛」や、立派な性器のついた「わら馬」、交尾している犬の人形も・・。

ベーゴマは元々「ばいごま」と言って、ばい貝の貝殻を回していたそうです。ばい貝も展示されていました。言われてみると、鉄製のベーゴマにも渦巻きの筋があって貝のように見えます。独楽では他に「当てごま」というルーレットのようなものもありました。
画像

他にも、こけし、ダルマや、楊弓、投扇興、盤双六、絵双六、組香(競馬香)、立体浮世絵(立版古/たてばんこ)といった伝統的な遊び道具がありました。昭和初期のままごと道具にも目を惹かれました。

それから、玩具ではないと思うんですが、母乳を飛ばす女性の絵が描かれた絵馬もありました。母乳が出て子が元気に育ちますようにという祈願のために、こういうものを奉納したんですね。こちらも、かなり飛んでいます。…「乳しぼり絵馬」 (内藤記念くすり博物館のサイトより)

松阪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
犬山野猿公苑と桃太郎踊り
前に倉敷に行った時に、「桃太郎のからくり博物館」という所にも行きました。かなりのB級スポット(笑)でしたが、こんなものがありました。桃太郎伝説は犬山にもあるので、そのつながりで。 ...続きを見る
foRest ブログ
2014/09/07 16:06

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
日本郷土玩具館(倉敷) 松阪崇久 foRest ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる