松阪崇久 foRest ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 広島「えんこうさん」(猿猴)

<<   作成日時 : 2017/04/23 10:02   >>

トラックバック 0 / コメント 0

3月25日に広島駅の近くの猿猴橋で見たお祭り「えんこうさん」のメモ。

猿猴橋は太田川の支流・猿猴川にかかる橋。戦争中の金属供出で無くなった大正時代の装飾を昨年に復元。欄干には二頭の猿が桃を持つ飾りがあるけど、尻尾が長いのでニホンザルではない(妖怪・猿猴のモデルという説のあるテナガザルでもない)。大正時代からこのような絵だったのか、気になるところ(過去の写真ではよく見えない)。
画像画像

猿猴川には河童に似た妖怪「猿猴」が棲むと考えられていたらしい。この日に偶然に見かけた「えんこうさん」は、橋の復元と共に始められた新しい祭りで、若者たちによる妖怪仮装劇のような部分を見た。妖怪と吉祥天が結ばれて、妖怪と人間が仲良くなった、というような筋だったと思う。(吉祥天は人間?)
画像画像画像

妖怪「猿猴」関連の伝統行事は高知にもあるらしい。子どもたちがお供え物をして、水難防止を祈願する行事⇒「えんこう祭り

松阪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
広島「えんこうさん」(猿猴) 松阪崇久 foRest ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる