松阪崇久 foRest ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 学会のポスター発表について

<<   作成日時 : 2017/05/27 22:15   >>

トラックバック 0 / コメント 1

学会のポスター発表で「初めから説明する」という習慣は止めた方が良いと思い始めてます。ポスターの前では質疑応答・議論をすることにしませんか?

限られた時間にいろんな発表を見たいのに、長々と説明されて困ることがあります。ポスターは「見ればわかる」ように作るべきだし、わからない所があれば質問したら良い。初めから説明する必要はないと思います。

それから、教育学系の学会のポスター発表で時々あるのは、質疑中に「大先生」が来て「説明して」と仰せになるというパターン。それまでの議論が打ち切られて「大先生」への説明が始まってしまう・・。こういうの、やめてもらえませんかね?

先日参加した某学会では、ポスター発表にも「座長」が設定されていて各セッションのポスターの説明を聞いてまわっていましたが、座長にも質疑を何度か妨害されました。こういうやり方もやめた方が良いと思います。参加者同士の議論を妨害してまでチェックすべきことが何かあるんでしょうか?

松阪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
ポスター発表について、発表者の話し方に問題がある場合もあると思います。発表者が一番前の人と一対一で話してしまって、他の人が議論に参加できない(聞こえない)ことがあります。ポスターに関心を持って集まっている人に対して、できるだけ議論を公開する感じで話した方が良いと思います。
松阪
2017/05/29 21:51

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
学会のポスター発表について 松阪崇久 foRest ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる