くも合戦と座敷鷹

芋焼酎「くも合戦」(ニッカウヰスキー/元・さつま司酒造)
画像

子どもの遊びで蜘蛛合戦(虫相撲)があるけど、この焼酎の作られている鹿児島県姶良市(あいらし)では、400年以上つづく伝統行事で「加治木町くも合戦大会」というのがあるらしい。メスのコガネグモを喧嘩させ、行司が勝敗を判定する。

蜘蛛を用いた遊びとしては、江戸時代にはハエトリグモを使った遊びが流行した時期があった(座敷鷹と呼ばれた=座敷でできる鷹狩り遊び)。ハエの羽根を少し切ってクモが襲うのを鑑賞したり、誰のクモが獲るかを賭けたりしたらしい。

松阪

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック