テーマ:笑い

出版『あなたと生きる発達心理学』

分担執筆した本が出版されました。 『あなたと生きる発達心理学:子どもの世界を発見する保育のおもしろさを求めて』藤崎亜由子・羽野ゆつ子・渋谷郁子・網谷綾香編(ナカニシヤ出版) 感情の発達についての章と胎児・新生児の章(ヒトの出産と赤ん坊の特徴)を担当しました。 (著者:網谷綾香・大倉得史・大橋喜美子・興津真理子・倉盛美…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

5/12(日)日本笑い学会オープン講座「パンくんの笑い」

来月、日本笑い学会のオープン講座で話します。 日本笑い学会第267回オープン講座 2019年5月12日(日)14時~15時30分 「チンパンジー・パンくんの笑い:動物福祉の観点から」 講師:松阪崇久氏(大阪成蹊大学教育学部准教授) テレビ番組「天才!志村どうぶつ園」に出演していたチンパンジー・パンくんの笑いについて、動…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チンパンジー・パンくんの論文、公開

志村どうぶつ園のチンパンジー・パンくんについて動物福祉の観点から分析した論文が公開されています(オープンアクセス@J-STAGE)。テレビやショーへの出演がパンくんにストレスを与えていることを表情等の観察データから示しました。プリンちゃんの問題についても触れています。 松阪崇久2018「ショーやテレビに出演するチンパンジー・パンく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミッキーマウスと桃太郎の対決(プロパガンダ・アニメ)

ミッキーマウスを悪者(侵略者)として描いた日本のプロパガンダ・アニメがある。桃太郎や浦島太郎、花咲じじい、金太郎なども出てきて、やられた敵・ミッキーを最後に皆であざ笑うという、なかなか酷い作品になっている。 ↓ 『絵本1936年』(昭和9年/1934年) 「皇国の興廃此の一戦に在り 東郷平八郎」と書かれた旗が出てくるシーンがあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

論文刊行「チンパンジー・パンくんの笑いと負の感情表出」

論文が出ました。 松阪崇久 2018「ショーやテレビに出演するチンパンジー・パンくんの笑いと負の感情表出」笑い学研究25:90~106 テレビやショーへの出演がパンくんにストレスを与えていることを表情の分析から示しました。別刷りも届くと思いますが、10月頃にはネット上でも公開予定です(オープンアクセス) 。 パンくんは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本笑い学会25回大会@関西大学堺キャンパス

先週末の日本笑い学会は盛会のうちに無事終了しました。山極さんの記念講演、とてもおもしろかった。ゴリラやヒトの笑い・遊びと共感性の話から、育児や思春期を支える社会について、さらにAI社会の話まで、実に深く幅広くお話していただきました。 2年に1度の日本笑い学会賞の発表もありました。今回は、雨宮俊彦さんの『笑いとユーモアの心理学』(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3/31(土)研究会《心の支援とユーモア》@梅田

関西大学の梅田キャンパスで下記の研究会を開催します。 ご関心のある方は誰でも参加可能です。 日本笑い学会学術交流支部 第4回研究会《心の支援とユーモア》 2018年3月31日(土)14:30~17:00(14:00開場) 「心理的援助とユーモア~心理面接や心理療法におけるユーモアの可能性」講師:森田亜矢子さん(関西大学…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

笑う動物の写真集『わらういきもの』出版

動物の笑いに関する写真集が出版されました。 『わらういきもの』(監修・松阪崇久/文・近藤雄生)エクスナレッジ 笑っている動物や笑っているように見える生き物の写真集。動物の笑いや笑いの進化、動物の幸せについてのコラムも書きました。 第一章 ほほえみ smile/第二章 いたずらっぽくわらう smirk/第三章 口をあけて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NHKラジオに出演しました

今日はNHKラジオに出演しました。「大阪発お笑いラジオ~笑いは地球を救う?」(NHKラジオ第一) 生放送ってなかなか大変ですね。その場の流れでプログラムの長さや順序が変わるのに皆で対応しつつ、全体を時間内に収めるという。限られた時間にいくつかの話を詰め込んだので、説明しきれなかった部分もありましたが、まぁやり切りました。 こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

11/23「大阪発お笑いラジオ」NHKラジオ第一

来週、ラジオに出ます。約3時間の番組ですが、僕は最初の方で。NHKラジオ第一 11/23(木・祝)13時5分~15時55分「大阪発お笑いラジオ~笑いは地球を救う?」・・・「人間にとって欠かせない笑いの価値について、科学、健康、コミュニケーションの切り口で考えていきます」 「笑いと科学」(13時5分~):司会:桂米團治、北郷三穂子、…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

8/11(金・祝)研究会《笑い学の可能性》@名古屋

来月、研究会を開催します。《笑い学の可能性:笑う・笑わせる・笑われる》 日本笑い学会学術交流支部 第3回研究会《笑い学の可能性》 2017年8月11日(金・祝)13:15~16:50(13:00開場) 1. ほほえみの発達:自発的微笑と社会的微笑   川上文人さん(京都大学野生動物研究センター 特定助教) 2. 幼児期…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゴリラ(Zola)の「ブレイクダンス」

ゴリラの「ブレイクダンス」の映像。環境エンリッチメントのために用意されたプールでの遊びのようです。ダラス動物園のゾラ(Zola)という雄ゴリラ。四足で回転した後、二足立ちで勢いよく回転し続けています。すごい。笑い声は聞こえないけど、笑いの表情(play face)をしてます。 このゾラというゴリラは若い頃からこういう水遊びが好…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7/22(土)にいがた市民大学「笑いの進化的起源:人間はなぜ笑うのか」

にいがた市民大学の連続講座《人間と動物のつながり:動物が私たちに教えてくれること》で7/22(土)に話をします(6月開講で全10回、定員70名)。 ↓ にいがた市民大学《人間と動物のつながり:動物が私たちに教えてくれること》 6/10「動物から世界を見る」鈴木光太郎(新潟大学) 6/17「イカ・タコの心を探る」池田譲(琉球大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3/11(土)研究会《子どもと落語》@関西大学堺キャンパス

来月、《子どもと落語》をテーマに研究会をします。幼稚園、小学校、地域での「子ども落語」の試みについて報告していただきます。ご関心のある皆様、どうぞご参加ください。 日本笑い学会学術交流支部 第2回研究会《子どもと落語》 2017年3月11日(土)15:00~18:00 1.保育現場から考える子ども落語~保育者からと子どもか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1/7(土)研究会《文学と笑い》@キャンパスプラザ京都

笑いやユーモアに関する研究会をやっていくことになりました。今後いろんなテーマを取り上げていきますが、第1回は1/7(土)京都にて、テーマは《文学と笑い》です。現代日本文学のユーモアの翻訳についての話題と、20世紀初頭イタリアの前衛芸術運動における笑いについて。ご関心をお持ちの皆さま、是非ご参加ください。 1/7(土)16:40~…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

動物の「笑顔」@婦人画報

婦人画報1月号(昨日発売)に短い文を載せてもらっています。「動物の笑顔」から見えるヒトの心の不思議。動物写真家・松原卓二さんの写真に添えて。よければご笑覧ください。 お正月特集ということで、三河万歳、ご神鶏・尾長鶏、餅の悪口をいう能登の「いどり祭り」、京都祇園の福玉、おせちなどのおめでたい記事に混じって。他には、人工知能や歌舞伎の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

11/22(火)なにわ橋アートエリアB1「動物も笑うってホント?」

京阪なにわ橋駅・アートエリアB1でのサイエンスカフェ、平日ですがよければどうぞお越しください。 11月22日(火)19:00~20:00 ラボカフェ・第4回ひとこといちば テーマ:「動物も笑うってホント?~ヒトとチンパンジーの笑いの違い」 ゲスト:松阪崇久(京都西山短期大学) カフェマスター:若林魁人(大阪大学基礎工学研究…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

保育における笑い/ヒトはなぜ笑うのか?

論文が出版されました。 松阪崇久(2016)「保育における子どもの笑いと人間関係」笑い学研究23:18-32 それから、日本笑い学会賞・佳作ということで賞をいただきました。どうもありがとうございます。 松阪崇久(2014)「ヒトはなぜ笑うのか?―行動学の視点から」笑い学研究21:5-18 松阪
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

象の「笑い」

笑うゾウの親子。 しかし、歯の形と位置が違う。ゾウの歯はもっと奥にある。ゾウにもフレーメン反応のようなものがあるようだけど、馬のように歯列を露出させることはないようだ。 松阪
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本笑い学会オープン講座とLipijaサイエンス・カフェ

来週12/13(日)の日本笑い学会オープン講座で話をします。「笑いからみえるヒトの特徴とは?~チンパンジーと比べながら」(午後2時から、参加費500円/学生300円) その翌週12/19(土)は天満のLipijaでのサイエンス・カフェです。「野生チンパンジーの母と子の暮らし~子育て・遊び・笑い」(午後7時半から) 松阪
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

公開講座(長岡京市)と動物園前サイエンスカフェ(大阪市)

京都西山短期大学の公開講座で講演します。全4回の講座の最初です。 10/19(月)14時~15時30分 「笑いの起源と進化~チンパンジーの遊びと笑い」松阪崇久 会場:京都西山短大・講堂 参加費:無料(事前予約不要) こちらでも話します。 10/17(土)14~16時 動物園前サイエンスカフェ「チンパンジーの遊びと笑い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

笑う水牛

笑う水牛(由布島) こらっ(笑)。水牛にも馬と同じようにフレーメンがあるんですね。なにか嬉しくて(おかしくて)笑っているわけではなくて、匂いに反応して笑ったような表情になります。 松阪
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「手を叩きながら笑う人って…」

「手を叩きながら笑う人ってチンパンジーみたい」というような発言を見かけますが、野生のチンパンジーは手を叩きません。ショーやテレビのチンパンジーが手を叩くのは、それが人間的なしぐさだからそう調教されたか、人間の気を引くために学習したのでしょう。手を叩きながら笑う人って、人間らしいと思う。 野生チンパンジーが手を叩いた(Hand Cl…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ボノボの音声レパートリー

ボノボのいろんな音声/鳴き声が聞けるページ。 ↓ What do Bonobos Sound Like? (Bonobo Conservation Initiative) 音が高くて、チンパンジーとはかなり違いますね。ボノボの声が高いということは知ってましたが、あらためて違いの大きさに驚きました。一番似ているのは笑い声(Lau…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「笑う」蛙、ワライガエル

ワライカワセミの鳴き声が人間の笑い声に似ているというのは有名ですが、ワライガエル(Rana ridibunda)というのもいるんですね。たしかに、人間が笑っているように聞こえなくもない。 ↓ ワライガエルの鳴き声 ただ、海外での呼称には「笑い」という語は使われていないようですが。生息地はフランス、中国、ロシアなど。食用とする所…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

笑顔のクモ:ニコヤカヒメグモ

前に写真を加工して「笑うクモ」にしている画像が出回っているという話を書きましたが、実際に「笑顔」に見える模様の蜘蛛もいるそうです。 その名も、「ニコヤカヒメグモ」(Theridion grallator)。英語では「happy face spider」とも呼ばれる、ヒメグモ科の小さいクモで、ハワイの固有種。スマイル(微笑)というよ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

笑うクモ

笑う(ほほ笑む)蜘蛛の画像(上)をネット上で見かけて、こんなの本当かなぁと思っていたんですが、偶然これの加工前の画像と思われるもの(下)を発見。ネット上の画像をすぐに信用してはいけませんね・・・。(加工無しだったとしても、クモの「笑い」とは言えないでしょうが→See 「動物は笑うか?」) ついでながら、最近の研究報告より …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

笑うオウム

笑うオウムの動画をいくつか見つけたので、おもしろいのをメモ。これで飼い主の笑い方もわかってしまいますね。 Laughing Parrot 2 Laughing Parrot 3 しかし、人間の笑い声をただまねているだけで、なにか楽しい時、おもしろい時にやるというわけでは無さそう。見ている人間にとってはおかしいので笑って…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

笑う牛 笑う犬 笑う猿

笑う牛と怒る犬。 笑う動物のロボットおもちゃ。誰ですか、こんなおもちゃを作ったのは(笑)。笑いの伝染を引き起こす「笑い袋」を内蔵した動物ロボットってことだろうけど、このありえない動きがまた良い。しかし、人をハッピーにするおもちゃも、犬にとっては怪しいものでしかないということか・・・。 こちらは、笑う犬と調べる猫。真剣。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more