テーマ:本日の雑学メモ

「遊びの流儀:遊楽図の系譜」展@サントリー美術館

6月に行きましたが、とてもおもしろかった。江戸時代などに描かれた遊びの絵を集めた展覧会。サントリー美術館「遊びの流儀:遊楽図の系譜」(東京・六本木) とくに、写真の絵にも描かれている「うんすんカルタ」の実物の美しさに魅了されました。ポルトガルから伝えられた南蛮かるたを元に作られた「天正かるた」をさらに発展させたもの。桃山時代(17…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

数字と暦

これはヒンディー語なんでしょうか。インドかネパール(?)のカレンダー@某スパイスカレー屋さん。象と牡牛のようなものが描かれています。 数字がどういう法則で並んでいるのか、しばらくわからなかったんですが、3月15日から月が始まってるということですね(太陰暦?)。ずれているとわかってみれば、2や3はアラビア数字に似ているし、4や9もひ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旧暦の桃の節句に桃の花

桃色の桃の花が咲いてます。桃の節句(ひな祭り)は、やはり旧暦で祝うべきだと思う(昨日が旧暦の3月3日)。 端午・七夕・七草粥なども本来の季節と全部ずれているので、節句はすべて旧暦が良い。 松阪
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金沢土人形@郷土玩具文化研究会

郷土玩具文化研究会で見せてもらった金沢土人形。 疱瘡除けの人形。疱瘡(天然痘)の快癒を祈って川に流す習俗があったらしい。 便所の神様。夫婦一対の土人形を地中に埋めてトイレの守り神とした。 玩具・春駒(串馬?)で遊ぶ子ども 松阪
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

みちあそびガイドブック/遊戯道路

東京には1960年代に創設された「遊戯道路」という道路があるが、活用されていない所が多いそうだ。遊戯道路や商店街、お祭りや防災イベントなどで交通規制された道で、地域の人が集まって楽しく交流できる場を作る活動のためのガイドブック。 ↓ 『みちあそびガイドブック』 作成は、とうきょうご近所みちあそびプロジェクト。「道を通した子…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「絶叫するビーバー」⇒マーモット

「絶叫するビーバー」の映像、おもしろいと思うけど、この叫び声は人間ですよね。しかも、これはビーバーではなくてマーモット。ウッドチャック(グラウンドホッグ)だという意見もあるようだけど、おそらく別の種(シラガマーモットかな)。 元の動画がここにありますが、実際は甲高い声です(これはこれでインパクト大)。カナダのウィスラーの近くにある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都文化博物館「いつだって猫展」と十六むさし

京都文化博物館の「いつだって猫展」、おもしろかった。猫の浮世絵・おもちゃ絵や招き猫など。江戸時代も猫は人気だった。(明日6/11まで) 月岡芳年の猫鼠合戦、歌川広重の猫の鰹節渡り、歌川国芳の「踊る猫」など、おもしろい絵が多かった(踊る猫は怖ろしい化け猫の絵の一部)。大の猫好きということで歌川国芳の作品がとくに多い。役者の顔をした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

江戸玩具「ずぼんぼ」

虎などの形をした紙製のおもちゃ。足先に錘がつけてある(しじみ)。部屋の隅などで団扇であおぐと、飛び上がるなどおもしろい動きをする。 ↓ 「ずぼんぼ」の動画(ユカワアツコさんのツイッターより) 松阪
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

広島「えんこうさん」(猿猴)

3月25日に広島駅の近くの猿猴橋で見たお祭り「えんこうさん」のメモ。 猿猴橋は太田川の支流・猿猴川にかかる橋。戦争中の金属供出で無くなった大正時代の装飾を昨年に復元。欄干には二頭の猿が桃を持つ飾りがあるけど、尻尾が長いのでニホンザルではない(妖怪・猿猴のモデルという説のあるテナガザルでもない)。大正時代からこのような絵だったのか、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モミジヒルガオ

トングェ語で「ルンセンガセンガ」と呼ばれる、つる植物。マハレの野生チンパンジーが葉を食べます。葉をちぎると良い匂いがします。 日本の植物の写真でこれによく似た葉を持つものをたまたま見かけて、アレっと思って調べてみたら同じ種でした。和名は「モミジヒルガオ」だと知りました(サツマイモ属/Ipomoea cairica)。 松阪
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新宿歴史博物館・絵双六展

新宿歴史博物館の「絵双六ワンダーランド」を見に行きました。道中双六・名所双六、役者双六・芝居双六、買物双六、教育双六・教訓双六・出世双六、冒険双六、城攻め双六、あそび双六など、それぞれに当時の世相が表れていておもしろい。他には立版古や折り変わり絵、幻灯機、ステレオスコープなんてものも(2/19まで) 。 動物関係では、明治39年の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

元・立誠小学校の卒業写真と戦争

元・立誠小学校(京都)に展示されていた卒業生集合写真を見て、とても驚いたことがある。それは、小学生女子が一番オシャレなのが「昭和初期」だということ(昭和12年)。これが7年後の昭和19年(1944年)には様変わりする。 大正から昭和初期の日本人が、いかに自由で開けた感覚を獲得していたかが現れていると思う。戦争はそれをあっという間に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

象の「笑い」

笑うゾウの親子。 しかし、歯の形と位置が違う。ゾウの歯はもっと奥にある。ゾウにもフレーメン反応のようなものがあるようだけど、馬のように歯列を露出させることはないようだ。 松阪
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平安時代の遊び/幕末・明治の子供たち

平安時代に「草あわせ/花あわせ」や「闘草」と呼ばれる遊びがあったことを知りました。参加者がそれぞれ摘んだ草花を持って集まり、どれが珍しくて貴重かを競うというもの。負けた人は、勝った人に自分の着ている衣を脱いで与えたりしたそうです。当時はみな、身の回りの草花をよく見ていたんでしょうかね。 これ行きたいけど、行けそうにない…。 企画…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

妖怪幻獣百物語

グランフロント大阪であった妖怪展「妖怪幻獣百物語」に行きました。写真の「龍の骨のミイラ」ですが(骨のミイラって何・・)、実際の展示では上下逆向きに置かれていて、普通に鹿の骨に見えましたが、あれ? 展示の前半は、妖怪関連の絵巻、百物語本、草双紙、錦絵、双六など、とてもおもしろかった。琵琶や琴など楽器の妖怪や、動物の形の妖怪に興味…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本郷土玩具館(倉敷)

倉敷の日本郷土玩具館に行きました。日本各地の人形やお面、羽子板、凧などのおもちゃを多数集めた資料館。解説はほとんどなく、古いものがただひたすら並べられているという感じなんですが、おもしろい物もいろいろあって楽しめました。 人形がとくに充実しているんですが、おもしろい凧も多数。ムカデ凧という連凧や「目まわし凧」に、鳥や昆虫の形の凧…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

獺祭~カワウソの祭り

獺祭(だっさい)=カワウソ(獺/川獺)の祭り カワウソは捕らえた魚を岸に並べる習性があって、それが祭りでお供え物をしているように見えるんだそうです(獺祭魚)。 ↓ 日本酒「獺祭」の名前の由来(旭酒造) 本当にそんな行動をするのかなとも思ったんですが、実際にやることがあるらしい。獲物がたくさんいる時に限って見られる行動なん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワニの道具使用

もう昨年ですが、ワニの道具使用が発見されたという報告がありました。 「鳥をおびき寄せるおとりとして枝を使う」 リンク先に、「口の上に枝を載せて待ち伏せ」するワニの写真があります。一瞬、ワニには見えなかった・・(→襲われます)。鳥が巣材用に枝を取ろうとすると襲うそうです。 ↓ Tool use in crocodylian…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米菓「柿の種」と果物の柿の種

お菓子の「柿の種」が果物の柿の種に似てないことが気になっていたんですが、果物の柿にもいろんな品種があって、細長い形の種のものもあるってことなんですね。これは「筆柿」というそうです。 ↓ 筆柿 幸田町 昔はこういう細長い種をした柿がもっと多かったんでしょうか?それとも、米菓「柿の種」を作っている新潟辺りではこういう種の柿が多い?…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ピアノの弱音ペダル

先日、裸のアップライトピアノを弾く機会があった時に気付いたこと。 グランドピアノで「弱音ペダル」を踏むと、 鍵盤とハンマー全体が少し横にスライドして打つ弦の数が減るのだけど、 アップライトピアノでは、ハンマー全体が弦に近付いて打弦距離が短くなる。 音を小さくする構造が異なる。 まつさか
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

藤壺の行為

フジツボの性行動 ↑ ※フジツボは雌雄同体  (それぞれの個体が雄の生殖器と雌の生殖器を両方持っている)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

象の出産映像

名古屋市の東山動物園のアジアゾウの妊娠から、陣痛・出産、授乳までの様子をまとめた動画が公開されていました。椙山女学園大学の学生らが制作した映像のようです。 ↓ アジアゾウの誕生・記録映像(バーチャルひがしやま動物園&植物園) 立ったまま「産み落とす」という感じで迫力があります。ただし、象の生殖器・産道は少し垂れ下がるようになっ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

チンパンジーの出産映像(2)

林原類人猿研究センターのチンパンジーの出産映像について書いたことがありますが、また別の映像が公開されていました。南アフリカのチンパンジー保護施設(JGI South Africa / Chimp Eden)のチンパンジー・ニナ(推定9歳)が先月出産したそうですが、その時の映像です。 これは出産7日前の映像。自分のおっぱいを飲んでい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

笑顔のクモ:ニコヤカヒメグモ

前に写真を加工して「笑うクモ」にしている画像が出回っているという話を書きましたが、実際に「笑顔」に見える模様の蜘蛛もいるそうです。 その名も、「ニコヤカヒメグモ」(Theridion grallator)。英語では「happy face spider」とも呼ばれる、ヒメグモ科の小さいクモで、ハワイの固有種。スマイル(微笑)というよ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

笑うクモ

笑う(ほほ笑む)蜘蛛の画像(上)をネット上で見かけて、こんなの本当かなぁと思っていたんですが、偶然これの加工前の画像と思われるもの(下)を発見。ネット上の画像をすぐに信用してはいけませんね・・・。(加工無しだったとしても、クモの「笑い」とは言えないでしょうが→See 「動物は笑うか?」) ついでながら、最近の研究報告より …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

チンパンジーの出産映像

これはすごい映像。チンパンジーの赤ちゃんも産声を出すんだ。 ↓ 林原類人猿研究センターのチンパンジー(ツバキ)の出産シーン(動画直リンク) こちらの記事より:「チンパンジーは人間と同じように出産する(英文)」 これまでヒトだけの特徴だと思われていたが、チンパンジーの赤ちゃんも、(1)母親の背中方向に顔が向いた状態で出てく…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

性の祭り:飛鳥坐神社「おんだ祭り」

愛知県(小牧)田県神社の豊年祭など、日本には「性」の祭りがいくつもあるそうですが、中でもおもしろいのが奈良・飛鳥坐神社(あすかにいますじんじゃ)の「おんだ祭り」。祭りの様子を収めた映像がYouTubeにあがっているのを見つけたのでご紹介します。映像で見るとすごいですよ、こんな祭りがあるなんて・・・。 ↓ 飛鳥坐神社おんだ祭りのビデオ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

オウムのモノマネいろいろ

オウムの仲間(インコ、ヨウム・・)っておもしろいですね。笑いも泣きも、くしゃみもげっぷもオナラも、なんでも上手に真似てしまう。 人間の子どもの泣き声をまねるオウム 同じく泣き声。なかなかの熱演 Crying Parrot くしゃみして猫 Parrot sneezes then meows こんなものまで・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

笑うオウム

笑うオウムの動画をいくつか見つけたので、おもしろいのをメモ。これで飼い主の笑い方もわかってしまいますね。 Laughing Parrot 2 Laughing Parrot 3 しかし、人間の笑い声をただまねているだけで、なにか楽しい時、おもしろい時にやるというわけでは無さそう。見ている人間にとってはおかしいので笑って…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

ヒトラー時代のカーニバル

今日はユーモアサイエンス学会。ティル・ワインガートナーさん(ベルリン自由大学)の話がおもしろかった。ナチス・ヒトラー政権下のドイツでのカーニバル(謝肉祭)についての報告。 いろいろ興味深い話があった。戦争中に人々はどのように振舞っていたかということから学ぶべきことは多い。 報告の中では、ヒトラー政権下のドイツ民衆が主体的に「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more