アクセスカウンタ

松阪崇久 foRest ブログ

プロフィール

ブログ名
松阪崇久 foRest ブログ
ブログ紹介
松阪崇久(foRest)のライブ予定、ライブの記録、音源など。ライブ・イベントの企画もやっています。チンパンジーのことも書いてます。

Live Schedule, Sounds etc. -> SoundCloud
Twitter: matsusakat
zoom RSS

7/22(土)にいがた市民大学「笑いの進化的起源:人間はなぜ笑うのか」

2017/04/24 18:49
にいがた市民大学の連続講座《人間と動物のつながり:動物が私たちに教えてくれること》で7/22(土)に話をします(6月開講で全10回、定員70名)。

にいがた市民大学《人間と動物のつながり:動物が私たちに教えてくれること》

6/10「動物から世界を見る」鈴木光太郎(新潟大学)
6/17「イカ・タコの心を探る」池田譲(琉球大学)
6/24「カラスとサルから探る文化の進化的起源」仁平義明(星槎大学)
7/1「伴侶動物(ペット)とヒトのコミュニケーション」齋藤慈子(武蔵野大学)
7/8「芸術の進化的起源:人間はなぜ絵を描くのか」齋藤亜矢(京都造形芸術大学)
7/22「笑いの進化的起源:人間はなぜ笑うのか」松阪崇久(京都西山短期大学)
8/19「クマやネズミの暮らす森と人間のかかわり」箕口秀夫(新潟大学)
8/26「トキが暮らす佐渡の自然と人間」永田尚志(新潟大学)
9/2「アフリカの森に棲むチンパンジーと人間の暮らし」大橋岳(中部大学)
9/9「動物と人間のつながり:動物から学ぶ」伊村知子(新潟国際情報大学)

松阪
記事へトラックバック / コメント


江戸玩具「ずぼんぼ」

2017/04/23 10:45
虎などの形をした紙製のおもちゃ。足先に錘がつけてある(しじみ)。部屋の隅などで団扇であおぐと、飛び上がるなどおもしろい動きをする。

「ずぼんぼ」の動画(ユカワアツコさんのツイッターより)

松阪
記事へトラックバック / コメント


広島「えんこうさん」(猿猴)

2017/04/23 10:02
3月25日に広島駅の近くの猿猴橋で見たお祭り「えんこうさん」のメモ。

猿猴橋は太田川の支流・猿猴川にかかる橋。戦争中の金属供出で無くなった大正時代の装飾を昨年に復元。欄干には二頭の猿が桃を持つ飾りがあるけど、尻尾が長いのでニホンザルではない(妖怪・猿猴のモデルという説のあるテナガザルでもない)。大正時代からこのような絵だったのか、気になるところ(過去の写真ではよく見えない)。
画像画像

猿猴川には河童に似た妖怪「猿猴」が棲むと考えられていたらしい。この日に偶然に見かけた「えんこうさん」は、橋の復元と共に始められた新しい祭りで、若者たちによる妖怪仮装劇のような部分を見た。妖怪と吉祥天が結ばれて、妖怪と人間が仲良くなった、というような筋だったと思う。(吉祥天は人間?)
画像画像画像

妖怪「猿猴」関連の伝統行事は高知にもあるらしい。子どもたちがお供え物をして、水難防止を祈願する行事⇒「えんこう祭り

松阪
記事へトラックバック / コメント


モミジヒルガオ

2017/02/17 10:25
トングェ語で「ルンセンガセンガ」と呼ばれる、つる植物。マハレの野生チンパンジーが葉を食べます。葉をちぎると良い匂いがします。
画像

日本の植物の写真でこれによく似た葉を持つものをたまたま見かけて、アレっと思って調べてみたら同じ種でした。和名は「モミジヒルガオ」だと知りました(サツマイモ属/Ipomoea cairica)。

松阪
記事へトラックバック / コメント


3/11(土)研究会《子どもと落語》@関西大学堺キャンパス

2017/02/12 21:17
来月、《子どもと落語》をテーマに研究会をします。幼稚園、小学校、地域での「子ども落語」の試みについて報告していただきます。ご関心のある皆様、どうぞご参加ください。

日本笑い学会学術交流支部 第2回研究会《子どもと落語》
2017年3月11日(土)15:00〜18:00

1.保育現場から考える子ども落語〜保育者からと子どもからの視点
    芝田 圭一郎 氏(大阪城南女子短期大学 専任講師)
2.小学校での落語の教育効果〜子どもたちの変化
    麻生 典子 氏(阪南市立桃の木台小学校 教諭)
3.落語のまち池田が育む子ども達〜はじまりは歯医者さんの落語会
    堀 登志子 氏(商店街アドバイザー/オフィスはなはな)

コメンテーター:青砥 弘幸 氏(佛教大学教育学部 専任講師)
会場:関西大学堺キャンパス A棟5階 ユーモア科学スタジオ
参加費:一般500円(日本笑い学会会員は無料)

松阪
記事へトラックバック / コメント


新宿歴史博物館・絵双六展

2017/02/06 23:54
新宿歴史博物館の「絵双六ワンダーランド」を見に行きました。道中双六・名所双六、役者双六・芝居双六、買物双六、教育双六・教訓双六・出世双六、冒険双六、城攻め双六、あそび双六など、それぞれに当時の世相が表れていておもしろい。他には立版古や折り変わり絵、幻灯機、ステレオスコープなんてものも(2/19まで) 。

動物関係では、明治39年の「冒険双六」の冒険の多くが、動物の狩りだったのが印象的でした。獅子狩り・虎狩り・象狩り・熊狩り・犀狩り・鷲狩り・鰐魚(ワニ)狩り。他に「鯨捕り」と「猅猅(ヒヒ)退治」も。昭和13年の「オモシロ動物園双六」でもヒヒは怖そうに描かれていました。妖怪の猅猅のイメージ?

「サルヅクシスゴロク(猿づくし双六)」というのもありました(大正9年、案・渡邊光風、画・濱田如洗)。
〈ふりだし−猿田彦−日吉丸(秀吉)−くくり猿−ヲナガザル−靭猿(狂言)−猿と月(猿猴捉月)−凧の猿−猿と蟹(民話)−はじき猿(郷土玩具)−道潅と猿(足利義政の猿と太田道灌の逸話)−猿芝居−猿橋(甲斐の橋)−孝行猿(修身の教科書にも載っていた民話)−みかんの猿(?)−猿の名画家(森狙仙)−鬼退治の猿(桃太郎)−クラゲと猿(民話・猿の生き肝)−景勝と猿(上杉景勝)−サルボボ(飛騨の人形ではなくサルボウガイ/猿頬貝)−清正の猿(加藤清正の論語猿)−山王猿−あがり〉
よくわからないものもありますが、猿の出てくるものってたくさんありますね。

松阪
記事へトラックバック / コメント


1/7(土)研究会《文学と笑い》@キャンパスプラザ京都

2016/12/11 23:54
笑いやユーモアに関する研究会をやっていくことになりました。今後いろんなテーマを取り上げていきますが、第1回は1/7(土)京都にて、テーマは《文学と笑い》です。現代日本文学のユーモアの翻訳についての話題と、20世紀初頭イタリアの前衛芸術運動における笑いについて。ご関心をお持ちの皆さま、是非ご参加ください。

1/7(土)16:40〜19:10 日本笑い学会学術交流支部第1回研究会《文学と笑い》
発表1「文学作品のユーモアと翻訳不可能性」
    桑山佳子さん(東京外国語大学/チューリヒ大学)
発表2「創造の戦略としての笑い―パラッツェスキ『反苦悩』を中心に」
    石田聖子さん(日本学術振興会特別研究員/立命館大学)
会場:キャンパスプラザ京都・第3演習室
会費:一般500円(日本笑い学会の会員は無料)

松阪
記事へトラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

松阪崇久 foRest ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる