アクセスカウンタ

松阪崇久 foRest ブログ

プロフィール

ブログ名
松阪崇久 foRest ブログ
ブログ紹介
松阪崇久(foRest)のライブ予定、ライブの記録、音源など。ライブ・イベントの企画もやっています。チンパンジーのことも書いてます。

Live Schedule, Sounds etc. -> SoundCloud
Twitter: matsusakat
zoom RSS

京都文化博物館「いつだって猫展」と十六むさし

2017/06/10 22:03
京都文化博物館の「いつだって猫展」、おもしろかった。猫の浮世絵・おもちゃ絵や招き猫など。江戸時代も猫は人気だった。(明日6/11まで)

月岡芳年の猫鼠合戦、歌川広重の猫の鰹節渡り、歌川国芳の「踊る猫」など、おもしろい絵が多かった(踊る猫は怖ろしい化け猫の絵の一部)。大の猫好きということで歌川国芳の作品がとくに多い。役者の顔をした猫や寄せ絵、当て字絵、地口・判じ物(なぞなぞ)など、遊び心満載。菜の花の花弁が蛤、葉が鯵のひらきになっていたり、藤の花がすべて鰯の頭になっていたり。他に、猫の着せ替え(服や帽子・頭巾)や折り変わり絵といった遊べる絵も(おもちゃ絵)。

実は、一番見たかったのはこれ、「猫鼠十六むさし」 。猫または鼠になって駒を取り合う盤上ゲーム。売ってたら買いたかった(発売したら良いのに)。「十六武蔵」はネットでもプレイ可能(コンピューターとの対戦のみだけど)→「Flashゲーム・十六武蔵

浮世絵の中には、歌舞伎の演目や役者など、元ネタを知っているともっと楽しめるだろうという作品も多かった。たとえば、歌川国芳の「袂糞気罵責段」(たもとふんきこごとぜめのだん)は、(壇浦)兜軍記琴責段のパロディで、琴を弾く猫(阿古屋)が描かれている。(この演目は僕は文楽で見た)

江戸時代の風習や言葉について学んだことのメモ。1)あわびの貝殻=猫に餌をあげる食器としてよく使われたらしい。2)石見銀山=ネズミ捕りの毒薬のこと(石見国がその産地だったらしい)。3)猫に紙袋(かんぶくろ)=後ずさり(尻ごみ)すること。

松阪
記事へトラックバック / コメント


学会のポスター発表について

2017/05/27 22:15
学会のポスター発表で「初めから説明する」という習慣は止めた方が良いと思い始めてます。ポスターの前では質疑応答・議論をすることにしませんか?

限られた時間にいろんな発表を見たいのに、長々と説明されて困ることがあります。ポスターは「見ればわかる」ように作るべきだし、わからない所があれば質問したら良い。初めから説明する必要はないと思います。

それから、教育学系の学会のポスター発表で時々あるのは、質疑中に「大先生」が来て「説明して」と仰せになるというパターン。それまでの議論が打ち切られて「大先生」への説明が始まってしまう・・。こういうの、やめてもらえませんかね?

先日参加した某学会では、ポスター発表にも「座長」が設定されていて各セッションのポスターの説明を聞いてまわっていましたが、座長にも質疑を何度か妨害されました。こういうやり方もやめた方が良いと思います。参加者同士の議論を妨害してまでチェックすべきことが何かあるんでしょうか?

松阪
記事へトラックバック 0 / コメント 1


出版 「チンパンジーの遊びの多様性と環境」『子ども学・第5号』

2017/05/18 21:31
出版されました。
「チンパンジーの遊びの多様性と環境─ヒトの遊び環境を考えるために(松阪崇久)」
子ども学・第5号(萌文書林)

僕のは投稿論文ですが、特集が3つあります。
〈幼児教育における社会情動的スキルの育ち〉〈「子ども」思想の多様な展開〉〈子どもと絵本〉

松阪
記事へトラックバック / コメント


5/4高槻ジャズストリート、5/28いつまでも世界は…(京都)

2017/04/30 11:01
5/4(木・祝)に高槻ジャズストリートに出演します。午後8時から阪急高槻市駅の近くのALVAMARにて。

5/28(日)には、京都の町中各所でライブのある音楽イベント「いつまでも世界は…2017」に出ます。松阪はCafe & Bar CHAMにて16時から(投げ銭制)演奏します(四条御幸町下ル・藤井大丸の西側)。

よければどうぞお越しください。

松阪
記事へトラックバック / コメント


7/22(土)にいがた市民大学「笑いの進化的起源:人間はなぜ笑うのか」

2017/04/24 18:49
にいがた市民大学の連続講座《人間と動物のつながり:動物が私たちに教えてくれること》で7/22(土)に話をします(6月開講で全10回、定員70名)。

にいがた市民大学《人間と動物のつながり:動物が私たちに教えてくれること》

6/10「動物から世界を見る」鈴木光太郎(新潟大学)
6/17「イカ・タコの心を探る」池田譲(琉球大学)
6/24「カラスとサルから探る文化の進化的起源」仁平義明(星槎大学)
7/1「伴侶動物(ペット)とヒトのコミュニケーション」齋藤慈子(武蔵野大学)
7/8「芸術の進化的起源:人間はなぜ絵を描くのか」齋藤亜矢(京都造形芸術大学)
7/22「笑いの進化的起源:人間はなぜ笑うのか」松阪崇久(京都西山短期大学)
8/19「クマやネズミの暮らす森と人間のかかわり」箕口秀夫(新潟大学)
8/26「トキが暮らす佐渡の自然と人間」永田尚志(新潟大学)
9/2「アフリカの森に棲むチンパンジーと人間の暮らし」大橋岳(中部大学)
9/9「動物と人間のつながり:動物から学ぶ」伊村知子(新潟国際情報大学)

松阪
記事へトラックバック / コメント


江戸玩具「ずぼんぼ」

2017/04/23 10:45
虎などの形をした紙製のおもちゃ。足先に錘がつけてある(しじみ)。部屋の隅などで団扇であおぐと、飛び上がるなどおもしろい動きをする。

「ずぼんぼ」の動画(ユカワアツコさんのツイッターより)

松阪
記事へトラックバック / コメント


広島「えんこうさん」(猿猴)

2017/04/23 10:02
3月25日に広島駅の近くの猿猴橋で見たお祭り「えんこうさん」のメモ。

猿猴橋は太田川の支流・猿猴川にかかる橋。戦争中の金属供出で無くなった大正時代の装飾を昨年に復元。欄干には二頭の猿が桃を持つ飾りがあるけど、尻尾が長いのでニホンザルではない(妖怪・猿猴のモデルという説のあるテナガザルでもない)。大正時代からこのような絵だったのか、気になるところ(過去の写真ではよく見えない)。
画像画像

猿猴川には河童に似た妖怪「猿猴」が棲むと考えられていたらしい。この日に偶然に見かけた「えんこうさん」は、橋の復元と共に始められた新しい祭りで、若者たちによる妖怪仮装劇のような部分を見た。妖怪と吉祥天が結ばれて、妖怪と人間が仲良くなった、というような筋だったと思う。(吉祥天は人間?)
画像画像画像

妖怪「猿猴」関連の伝統行事は高知にもあるらしい。子どもたちがお供え物をして、水難防止を祈願する行事⇒「えんこう祭り

松阪
記事へトラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

松阪崇久 foRest ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる