アクセスカウンタ

松阪崇久 foRest ブログ

プロフィール

ブログ名
松阪崇久 foRest ブログ
ブログ紹介
松阪崇久(foRest)のライブ予定、ライブの記録、音源など。ライブ・イベントの企画もやっています。チンパンジーや遊び・笑いの研究のことも書いています。

Live Schedule, Sounds etc. -> SoundCloud
Twitter: matsusakat
zoom RSS

笑う動物の写真集『わらういきもの』出版

2017/12/02 20:53
動物の笑いに関する写真集が出版されました。

『わらういきもの』(監修・松阪崇久/文・近藤雄生)エクスナレッジ

笑っている動物や笑っているように見える生き物の写真集。動物の笑いや笑いの進化、動物の幸せについてのコラムも書きました。

第一章 ほほえみ smile/第二章 いたずらっぽくわらう smirk/第三章 口をあけてわらう laugh/第四章 みんなでわらう smile & laugh together

―どうして笑顔に見えるの? ―笑顔の動物はどうして魅力的?
―動物の「笑顔」の役割は何だろう? ―笑う動物もいる!
―いつからヒトは笑っていたの? ―ヒトの笑いの特徴とは?
―動物が幸せを表現するのはどんな時? ―動物を幸せにする試み
画像

同じ出版社エクスナレッジからは、『世界で一番美しいサルの図鑑』(監修・京都大学霊長類研究所)も最近出たところですね。

松阪
記事へトラックバック / コメント


NHKラジオに出演しました

2017/11/23 22:19
今日はNHKラジオに出演しました。「大阪発お笑いラジオ〜笑いは地球を救う?」(NHKラジオ第一)

生放送ってなかなか大変ですね。その場の流れでプログラムの長さや順序が変わるのに皆で対応しつつ、全体を時間内に収めるという。限られた時間にいくつかの話を詰め込んだので、説明しきれなかった部分もありましたが、まぁやり切りました。

こないだ学生達とした鬼ごっこの話は時間切れで話せず。最後、あと30秒弱というところで米團治さんから大きい質問が来てドキッとしましたが、なんとか時間内にまとめました。

僕の出演後は笑いと健康の話と、橋本昌人さん(放送作家)のツッコミの話。嘉門タツオさんのライブもおもしろかった。大喜利コーナーではカニコーセンさん(播州スラッジフォーク・シンガー)の投稿も採用されてましたね。

松阪
記事へトラックバック / コメント


11/23「大阪発お笑いラジオ」NHKラジオ第一

2017/11/19 19:06
来週、ラジオに出ます。約3時間の番組ですが、僕は最初の方で。NHKラジオ第一 11/23(木・祝)13時5分〜15時55分「大阪発お笑いラジオ〜笑いは地球を救う?」・・・「人間にとって欠かせない笑いの価値について、科学、健康、コミュニケーションの切り口で考えていきます」

「笑いと科学」(13時5分〜):司会:桂米團治、北郷三穂子、ゲスト:嘉門タツオ、大野拓朗・前野朋哉(「わろてんか」)、解説:松阪崇久(京都西山短期大学)

「笑いと健康」(14時5分〜):司会:桂米團治、北郷三穂子、ゲスト:嘉門タツオ、福井麻奈美・光美(美たんさん)、解説:左近賢人(大阪国際がんセンター)、上田梨花子(笑いヨガインストラクター)

「笑いとコミュニケーション」(15時5分〜55分):司会:桂米團治、北郷三穂子、ゲスト:嘉門タツオ、福井麻奈美・光美(美たんさん)、解説:橋本昌人(放送作家)

大喜利のコーナーもあるそうです。投稿も募集中。

「大阪発お笑いラジオ〜笑いは地球を救う?」

松阪
記事へトラックバック 1 / コメント 0


10/29(日)阿倍野・流流、長野友美さん企画

2017/10/19 22:02
10月29日は阿倍野の流流でのライブです。長野友美さんの企画@流流10周年。トークコーナーがあるなど、普段と違う特別なイベントです。是非お越しください。(ご予約は右下のメールフォームから松阪までご連絡いただいても可能です)

10/29(日)「流流10周年:まひるまのHidden」
出演:長野友美・松阪崇久・岡林りえ
開演15時 2500円(1ドリンク&プレゼント付)
予約制・定員あり
画像

松阪
記事へトラックバック / コメント


「絶叫するビーバー」⇒マーモット

2017/09/17 21:21
絶叫するビーバー」の映像、おもしろいと思うけど、この叫び声は人間ですよね。しかも、これはビーバーではなくてマーモット。ウッドチャック(グラウンドホッグ)だという意見もあるようだけど、おそらく別の種(シラガマーモットかな)。
画像

元の動画がここにありますが、実際は甲高い声です(これはこれでインパクト大)。カナダのウィスラーの近くにあるブラッコム山でのもの。マーモットのこの声が「ウィスラー」(Whistler)という地名の元になっているようです。⇒Marmot screaming on Blackcomb Mountain (YouTube)

ビーバーの子の声は少し人間の声に似てるような気もします。⇒ビーバーの子の声

ついでに、ビーバーの警戒行動はこれ。「ベッチン、ベッチン・・」と尾で繰り返し水面を打つのかと思っていたけど、一度だけ強く打って水中に潜るんですね⇒ビーバーの「Tail Slapping」

松阪
記事へトラックバック / コメント


パンくんの娘プリンちゃん@カドリー・ドミニオン

2017/07/30 12:55
これは酷すぎる。パン君の娘プリンちゃん、まだ2歳にもなってないですよ?

新作ショーでプリンちゃん初主役 阿蘇カドリー・ドミニオン」(熊本日日新聞)

チンパンジーは4歳までが「赤ん坊」。2歳でもまだ、大抵いつも母親にしがみついて母乳を飲んでいるような時期です(ヒトより授乳期間が長い)。母親から赤ちゃん(プリンちゃん)を奪っただけでも酷いと思うけど、こんな金儲けのためのショーに絶滅危惧種を使ったらダメです。
画像

松阪
記事へトラックバック / コメント


8/11(金・祝)研究会《笑い学の可能性》@名古屋

2017/07/09 12:20
来月、研究会を開催します。《笑い学の可能性:笑う・笑わせる・笑われる》

日本笑い学会学術交流支部 第3回研究会《笑い学の可能性》
2017年8月11日(金・祝)13:15〜16:50(13:00開場)

1. ほほえみの発達:自発的微笑と社会的微笑
  川上文人さん(京都大学野生動物研究センター 特定助教)
2. 幼児期における笑わせ行動:「変な顔」に着目して
  近藤龍彰さん(富山大学人間発達科学部 講師)
3. 幼児期における笑われる悲しみの理解
  伊藤理絵さん(名古屋女子大学短期大学部 専任講師)
4. 悲しみと笑いの接点
  白井真理子さん(同志社大学研究開発推進機構 特別任用助教)

会場:ウィルあいち セミナールーム4(名古屋市東区)
参加費:一般300円(日本笑い学会会員は無料)

ご関心のある皆様、どうぞご参加ください。 松阪
記事へトラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

松阪崇久 foRest ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる