松阪崇久 foRest ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 森の中で曲を作る

<<   作成日時 : 2008/05/08 00:16   >>

トラックバック 0 / コメント 2

いやはや、帰国後、なにかと忙しくって
音楽のほうはまだなんにも再開できないでおりまする・・・。
しかし、マハレの森の中ではときどきギター弾いてました。
曲も作ってました。
いい感じのもいくつかあるので、これから仕上げるのが楽しみ。

実を言うと、foRestやソロの今のレパートリーの中にも、
マハレの森に一人で滞在していたとき(2003年)に作ったものが多いです。
そう、森の中に一人でいると、ときどき感覚が鋭くなる。
ちょっとした孤独感や不安感のおかげ?

日本の小うるさい町と違って、森の中はたいてい静かで穏やかです。
でも、森の「静けさ」によって音に集中できてるというわけでもないようです。
たとえば、大雨の中でいい音が生まれることも少なくない。
ドラム缶をひっくり返したような熱帯の豪雨がトタン屋根を叩くものすごい轟音。
その向こうに美しい音世界が広がるのがかすかに見えることがあります。
(広がる予感がするというべきか)
それをつかむ。
マイ・ブラッディ・ヴァレンタインの音のようなイメージでしょうか。

まつさか

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おかえりなさい!てか、いつの間に?
曲がたくさん出来たようで、楽しみです。ま〜なかなかライブは出来ませんけど。
確かに、僕も芦生の森で調査してた頃の方が、色んな音が浮かんできた気がします。今はそういったイマジネーションが非常に乏しくて・・・東京は自然が少ないのが寂しいです。
マイブラみたいな音には僕もすごく憧れますが、あれをカッコよくやるのはかなり難しいんですよね・・・ギターがもう二人ぐらい欲しい(笑)。
イシイ
2008/05/16 01:50
イシイ様、どうもご無沙汰してました。
おぉー、芦生の森で音浮かばせてたんですか。孤独感がいいんですかねぇ。病的な音ができるのかな?
ここでの「マイブラのイメージ」というのは音そのものではなくって、轟音の奥に埋もれそうな静かな、綺麗なメロディというほどの意味ですわ。ご心配なく(笑)。
まつさか
2008/05/18 22:53

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
森の中で曲を作る 松阪崇久 foRest ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる